メニューバー

 店の賑わいが一段落し、まかないを食べるマスターと女将さん。とっても人柄がよく、食べていて気が落ち着く焼肉屋さんです。気のいいマスターは、常連さんにはついついサービスしてしまうんです。
(四人で腹いっぱい飲み食いして1万円ぐらいにまけてもらったこともあります(^^ゞ)

焼肉はだいたいどこで食べても美味しく、本当に食が進みます。ご飯も2杯3杯、平気で入ってしまいます。しかし、城北の焼肉は、食べて幸せを感じるくらいの質にこだわっています。ちょうどいい頃合に焼けたロースから出る、口の中いっぱいに広がるあのあまみ、歯切れのよさ、ホルモンのぷりぷりした弾力…マスターが吟味した素材だから、どれを食べてもおいしいしいのです。肉の質を判別するプロの精肉屋の前歴を持つマスターならではのこだわりなのでしょう。
 妥協のない、ある種寿司職人のような怖い雰囲気、外見をもつマスターですが、本当はとってもやさしい親父さんです。女将さんも明るくてやさしい素敵なかたです。(お邪魔すると、いつも「メシ食ってき」といっていただいています)

居酒屋気分で行くのなら、チェーンの焼肉屋さんに。ほんのちょっとだけ奮発してでも「よし、食べるぞ!」といっていただけるのなら、マスターが自信をもって出してくれる焼肉を食べにきて下さい。
(マスターと仲良くなったら結局お徳だったりするし)

 

トップページ お店の案内 メニュー マスター紹介 こだわり 

新着情報 会社概要 店内 おすすめコース 城北のフランチャイズ